Book-Booky-Bookish

゚・:,。☆現実世界からの逃避行☆。,:・゚Bookish Wonderlandへようこそ

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)
(1999/05)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


本書は映画にもなりましたね 
映画も観たんですけど、やっぱり本のほうが断然おもしろいです 
まあ、映画は約1.5~2時間という時間制限つきですから、限界があるのでしょうが、たいがい映画より原作のほうがおもしろいですね 

映画を観てあまりお気に召さなかったかたには是非本書のご一読をおすすめしたい 

ドン・ウィンズロウって、おもしろいです 
(ただ、この表紙がちょっと……好みじゃない

あらすじは――
「海兵隊あがりの冴えない泥棒ティム・カーニーは、服役中の刑務所で正当防衛のためにヘルズエンジェルズの男を殺し、塀の中にいながら命を狙われる身となった。生きのびる道はただひとつ。ティムの容姿が、南カリフォルニアの伝説的サーファーで麻薬組織の帝王、ボビーZにそっくりであることに目をつけた麻薬取締局の要求を飲み、Zの替え玉となることだった――。愛すべき悪党どもに、ミステリアスな女。波の音と風の匂い。気怠くも心地よいグルーヴ。ウィンズロウが新境地を切り拓いた最高傑作!」――裏表紙より

【PR】美容室が教える7日間の美髪テクニック!
スポンサーサイト
砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)
(2006/08)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第5弾  最終巻

むしょうに子供を欲しがるカレンに戸惑う、結婚間近のニールに、またも仕事が 
 ラスヴェガスから帰ろうとしない86歳のじいさんを連れ戻せとういうのだ 
しかし、このご老体、なかなか手ごわく、まんまとニールの手をすり抜けてしまう    そして、事態は奇妙な展開を見せ始める……

ああ~、とうとう最終巻ですー 
この「ニール」シリーズ、楽しかったな~ 。もっと続いても、よかったなぁ~ 。でも4作目、5作目に著者の疲労が少々感じられたので、限界なのかなぁ~ 
次はどんな楽しい物語  、書いてくれるのかな~  

【PR】日本初!画期的な英語学習法がついに完成!英脳人間への道
ウォータースライドをのぼれ (創元推理文庫)ウォータースライドをのぼれ (創元推理文庫)
(2005/07/28)
ドン・ウィンズロウ東江 一紀

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第4弾 

「じつに簡単な仕事でな、坊主」養父にして朋友会の雇われ探偵グレアムがニールに伝えた任務――それは健全さが売りの人気TV番組ホストのレイプ疑惑事件で、被害女性ポリーを裁判できちんと証言できるよう磨き上げることだった。
世にも奇天烈な英語教室が始まります。彼女の口封じを狙う者あり、彼女を売り出して一儲けを企む者あり…様々な思惑が絡み合う、ポリーゲート事件の顛末。

う~ん、でもここにきてDon Winslow氏、少々パワーダウンか 
前3作があまりにもおもしろ過ぎるのか、この4作目はちぃーっと……  かなぁ~。

さあ、最終巻はどうくるか  楽しみです 

【PR】◇ADSLの切り替えが条件次第で同日で可能!Yahoo! BBの詳細はこちら◇
高く孤独な道を行け (創元推理文庫)高く孤独な道を行け (創元推理文庫)
(1999/06)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第3弾 

 中国の僧坊で伏虎拳の修得に余念がなかったニールに、「父親にさらわれた2歳の赤ん坊 を無事連れ帰れ」という指令がくだる 
捜索の道のりは、ニールを開拓者精神の気風をとどめる ネヴァダの片隅へと連れだす。不穏なカルト教団の影が見え隠れするなか、決死の潜入工作は成功するのか 
悲嘆に暮れる母親の姿を心に刻んで、探偵ニール、みたびの奮闘の幕が上がる 

【PR】メールで質問OK!TOEIC通信講座
仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
(1997/03)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第2弾 

ときは1977年3月――。 ヨークシャーの荒れ野に隠栖していたニールの元に仕事が持ち込まれます(ドキドキッ!) 
鶏糞から強力な成長促進エキスを作り出した有能な生化学者が、ひとりの姑娘に心を奪われ、新製品完成を前に長期休暇を決め込んだらしい。香港、そして大陸へ。
文化大革命の余燼さめやらぬ 中国で、探偵ニールが見たものとは 

【PR】10ヶ国語マスターのプロ翻訳者が教える英語勉強法
ストリート・キッズ (創元推理文庫)ストリート・キッズ (創元推理文庫)
(1993/11)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


ときは1976年5月――。8月の民主党全国大会で副大統領候補に推されるはずの上院議員が、行方不明の娘を捜してほしいと行ってくる。期限は大会まで。
ニールにとっての、長く切ない夏が始まる 
プロの探偵に稼業のイロハを叩きこまれた元ストリート・キッズが、ナイーヴな心を減らず口の陰にかくして、胸のすくような活躍を展開します  
個性きらめく新鮮な探偵物語、ここに開幕! ……って、本書、、初版が1993年で、およそ15年も前に出ていた  
こんなにおもしろいのに、こんなに長いこと知らずにいたなんて、ぐやじいー 
まだ読まれてないあなた  文句無しの一冊ですよ  ぜひぜひご一読あれ~ 

ちなみに、本書は「シリーズ」もの。第1作目がこの『ストリート・キッズ』で……

第2作目は『仏陀の鏡への道
第3作目は『高く孤独な道を行け
第4作目は『ウォータースライドをのぼれ
第5作目は『砂漠で溺れるわけにはいかない

いやぁ~、久々にいい本に出会えました 

【PR】イーブックオフ 日本最大級のオンライン書店 書籍在庫100万冊!

 | HOME | 

インフォメーション

「+」印のカテゴリーはクリックしてネ♪
五十音順、アルファベット順に分類しております。

読書クラブ
byありんす

Amazon

bk1

本を売るならBOOK OFF

eBOOK-OFF買取サービス

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ベストセラー

参加中

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

ありんす

Author:ありんす

ブロとも申請フォーム

カウンター


現在の閲覧者数:

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。