Book-Booky-Bookish

゚・:,。☆現実世界からの逃避行☆。,:・゚Bookish Wonderlandへようこそ

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)
(2005/12/17)
マイケル・ルイス

商品詳細を見る


「ウォール・ストリートという狂宴ではしゃぎまわる、したたかな男たち。想像を絶する才能と際限のない野心にとりつかれた、無邪気な若者たち。あなたはきっとこの男たちが大好きになる。アメリカ・ヨーロッパで100万部突破の大ベストセラー」――アマゾンより

こちらは評判がいいですねえ。

【PR】650人が分速1万文字をマスター

あなたもSP式速読を体験してみませんか
スポンサーサイト
デイヴ・バリーの笑えるコンピュータデイヴ・バリーの笑えるコンピュータ
(1998/06)
デイヴ バリー

商品詳細を見る


笑えます。
とはいえ、「コンピュータについて楽しく学びたい」と思っていらっしゃるかたには、おすすめしませんよ~

正直いって、「お勉強」にはなりません! 
「笑える書物」としてお手にとってみてください。なんて言ったって10年前の発刊ですしね……

でも、翻訳はうまいなあと思いました。英語はどうなっているのだろうと思ってしまう1冊でした 

【PR】OFFICE MODE
ビッグ・トラブル (新潮文庫)ビッグ・トラブル (新潮文庫)
(2001/07)
デイヴ バリー

商品詳細を見る


「マットが通うフロリダの高校では、水鉄砲を使う“殺し屋”ゲームが大流行。勇躍、片思いの相手である標的ジェニーの家に向かうマットだったが、そこへ彼女の義父の命を狙う本物の殺し屋が登場、屋敷で鉢合わせする。さらに、樹上生活者、不法入国者、蟇蛙と宿敵の飼い犬らが絡みに絡み、騒動は核爆弾まで飛び出す大珍事に!人気コラムニストが初挑戦した爆笑クライム・ノヴェル」――アマゾンより

本書の感想をひと言でいうと、アニメ化したほうがよかったのでは? という感じです 

【PR】手数料無料のFX kakakuFX
女王陛下を撃て女王陛下を撃て
(1996/07)
ピーター カニンガム

商品詳細を見る


本書も、1996年が初版という、ちょっと古い1冊。
でもおもしろかったですよ~。

『女王陛下を暗殺せよ! IRAは恐るべき計画を実行に移そうとしていた。決行は6月3日、エプソム競馬場。レース前の女王臨席の式典がその《時》だ。IRAの計画を事前に知った警備当局は、計画を阻止するべく活動を開始する。刻々と《時》は迫る。計画阻止の決め手はなにか!? ニューヨーク、ロンドン、カリブの小国を結び、女王の命をめぐって壮大なスケールとスピード感で展開する、ダイナマイト・サスペンス』――裏表紙より

【PR】FC2ミニブログPIYOをはじめよう!

登録はこちら>>>
ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)
(1999/05)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


本書は映画にもなりましたね 
映画も観たんですけど、やっぱり本のほうが断然おもしろいです 
まあ、映画は約1.5~2時間という時間制限つきですから、限界があるのでしょうが、たいがい映画より原作のほうがおもしろいですね 

映画を観てあまりお気に召さなかったかたには是非本書のご一読をおすすめしたい 

ドン・ウィンズロウって、おもしろいです 
(ただ、この表紙がちょっと……好みじゃない

あらすじは――
「海兵隊あがりの冴えない泥棒ティム・カーニーは、服役中の刑務所で正当防衛のためにヘルズエンジェルズの男を殺し、塀の中にいながら命を狙われる身となった。生きのびる道はただひとつ。ティムの容姿が、南カリフォルニアの伝説的サーファーで麻薬組織の帝王、ボビーZにそっくりであることに目をつけた麻薬取締局の要求を飲み、Zの替え玉となることだった――。愛すべき悪党どもに、ミステリアスな女。波の音と風の匂い。気怠くも心地よいグルーヴ。ウィンズロウが新境地を切り拓いた最高傑作!」――裏表紙より

【PR】デジタルアカデミー

資料請求キャンペーン実施中のコースもあります!今すぐクリック。
イエスの墓イエスの墓
(1999/03)
リチャード アンドルーズポール シェレンバーガー

商品詳細を見る


『キリスト教史の闇に光を当てる驚異の謎解き――十字架にかけられた救世主の「遺体」の行方。奥義的知恵に到達した者だけに受け継がれた秘密。キリスト教二千年のミステリー《復活》の真相が明かされる』――帯より。

もうこれ  だけで読みたくなりました 
クリスチャンでなくても楽しめますよ 

あのベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』を執筆する際に、ダン・ブラウンが参考図書とした1冊です 

【PR】欲しい鏡家具が必ず見つかる!種類豊富インテリア専門店
プッシュプッシュ
(1998/02)
サファイアSapphire

商品詳細を見る


衝撃の1冊をご紹介します 
こんな本、初めて読みました 

本書は、コミカルな笑えるお話でもなければ、ハッピーエンドのほのぼのとした読後感が得られるお話でもありません。
「生きるということ」あるいは「生き様」とでも言いましょうか、「人生の節目節目を生き抜くさま」を描いているという感のある、とても心に訴えかけるものがある1冊です。
帯に『魂を揺さぶる少女の物語』とありますが、まさに魂がわななきます。

本書は10年前のもので、すでに絶版になっているのが悲しいですが、ぜひみなさんにも読んでいただきたい1冊です 

【PR】手数料無料のFX kakakuFX
セカンド・エンジェル―血の黙示録セカンド・エンジェル―血の黙示録
(2000/09)
フィリップ カー

商品詳細を見る


「ベルリン三部作」がとてもおもしろく、フィリップ・カーのファンになってしまったわたくしですが、本書はいささか難しい……

細かいことを気にせず読めば、本書の構想や着眼点などは大変優れたものだと思うのですが、何せ“細かいこと”がわたしには難しい 

“細かいこと”とは何かと申しますと、生命科学、宇宙論、バイオテクノロジー、哲学などです、はい……
無知なわたくしは、そういった難しいことは頭の片隅に追いやって本書を楽しみました 

本書には「映画化決定」とありますが、映画になったのでしょうかね 

【PR】オートバイ全国無料出張査定
デイヴ・バリーの40歳になったらデイヴ・バリーの40歳になったら
(1992/07)
デイヴ バリー

商品詳細を見る


本書は、1947年生まれの「著者自身が40歳を迎えたことから、中年になるということのさまざまな側面を自らの体験に即して語ったもので、同年代のベビーブーム世代を中心に大反響を巻き起こし、ベストセラーとなった」1冊だそうです。(本書より抜粋)
著者は“ユーモア・コラムニスト”だそうですが、そんなことは何も知らずに読み始めたわたしは「え?」「へ?」と……(^^;;;

でも一番驚いたのは「訳者あとがき」――。
読み始めて、ふと「この文章長いな~」と思い、どこから始まったのか、前に戻って確認してみました。
……と! なんと“最初”から続いてるではありませんかっ
12,3行目で確認のため、前に戻ったのですが……
「はあ~ 」と思いつつ読み進め……、進み……、進んだが、結局最後までその文章が終わることはなかった 

どういうことかと申しますと、句点「。」がないのです 
読点「、」はふんだんにつかわれておりますが、句点が1つもないまま、1行40字詰めで37行の文章で書かれた「あとがき」……。
すごいです 

この「あとがき」は、もちろん本書の「ユーモア」に合わせて書かれたものですが、正直申しまして、本書の内容より「あとがき」のほうがおもしろかったです 

【PR】不動産相談なら全国ネットワークのハイアークラブへ
狂気のやすらぎ狂気のやすらぎ
(1989/12)
ポール セイヤー

商品詳細を見る


ひと言で言うなら、「衝撃の1冊」でした。
「この世界の無意味と無気味とを淡々と視つづける穏やかにして清明なる精神病者の独白」というのが帯の文句。

訳者、東江一紀氏が「重度のカタトニー(緊張病)患者の独白という形で綴られるこの小説は、もちろん、作者の勤務経験に裏打ちされた細部のリアリティーを抜きにしては語れないが、何より光るのは、抑制のきいた涼やかな筆致だろう。主人公を取り巻く人間たちの欲望や恐怖、正気であることの傲慢さや脆弱さが、辛辣に、冷徹に、どこかユーモラスに描き出されている。その緻密な想像力、小説としての完成度の高さ、トリッキーな題材を輪郭鋭く処理したセンスのよさは、“非凡”という形容に十分値する」とあとがきで述べていらっしゃる。

本書は、1988年にブック・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した、著者の処女作品のようで、他の作品も是非読んでみたいと思ったのですが、本書以降こんにちまで、出版された作品は数冊。
しかも、邦訳はない。うむ~、残念。

ということで、Paul Sayerの貴重な1冊、是非ご一読あれ 

【PR】【注目情報】夜遅くからビジネス英会話をマスターする!
グリーンリバー・ライジング (角川文庫)グリーンリバー・ライジング (角川文庫)
(1997/07)
ティム ウィロックス

商品詳細を見る


おもしろいですねー
放送禁止用語的な罵倒語などが、少々、多めなので  、「ロマンス命」のお上品なお嬢様タイプのかたには不向きな1冊かもしれませんが、わたくしといたしましては  です。

『羊たちの沈黙』いらい最高のスリラー。ずば抜けたエンターテインメントだ。〈Daily Telegraph〉」と帯にあります。
内容は……
「あらゆる悪が正気を飲み込もうとするグリーンリバー刑務所。完全に秩序を失った囚人たちの反乱は、痴情から始まった。本当に狂っているのは誰なのか。囚人医師はぎりぎりの理性をゆるがせながら、善悪の彼岸を彷徨する。黙示録的プリズン・サスペンス」です

【PR】無料の電子雑誌ポータルdima.jp誕生!
殺人探究 (新潮文庫)殺人探究 (新潮文庫)
(1997/05)
フィリップ カー

商品詳細を見る


「2013年、イギリスでは犯罪者候補リストによる凶悪犯罪防止システム、ロンブローゾ・プログラムが導入されていた。が、極秘のはずの被登録者が何者かに次々と殺害される。しかも、彼らはいずれも後頭部をガス消音銃で撃たれていた――。フェミニストの女性警部ジェイクと多重殺人犯(ウィトゲンシュタイン)がくりひりげる殺人=哲学探究。著者渾身の超弩級サイコ・サスペンス」――裏表紙より

 が、本書。このPhilip Kerr氏、読ませますねえー。
同氏の作品を過去に4冊ほど読みましたが、どれもおもしろいです 

【PR】旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】
ロリータは何歳だったか? (Hayakawa Novels)ロリータは何歳だったか? (Hayakawa Novels)
(1989/06)
アラン セイパースタイン

商品詳細を見る


本書は不思議な読後感が残しました。なんとも言葉にしにくい読後感です……

『「ロリータは何歳だったか? 」に寄せられた賛辞』として掲載されているものの中から「カーカス・レビュー」のものを引用させていただくとですね……

《都会に住むヤッピーたちの生態を野心的に描くことによって、セイパースタインの才能はいかんなく発揮されている……最初から人目をひく物語だが、時どきその生きのいい語り口とスーパー・コンテポラリーなイメージに圧倒されそうになる》

そう、たぶん「圧倒」されてしまったんでしょうな。

【PR】海外ドラマ・映画が字幕なしで理解できるようになる
レモ 第1の挑戦 (サンケイ文庫―海外ノベルス・シリーズ)レモ 第1の挑戦 (サンケイ文庫―海外ノベルス・シリーズ)
(1986/05)
ウォーレン マーフィリチャード サピア

商品詳細を見る


「鏡の中の見知らぬ顔―。ブルックリン有数のタフな警官サム・メイキンは、ある日病院のベッドで、「きみはもう存在しない男だ」と告げられた。新しい名と新しい顔を持つ最強の男、レモ・ウィリアムズが誕生したのだ。朝鮮半島からやってきた師父チウンに、必殺の武術〈シナンジュ〉をさずけられたレモは、アメリカ陸軍をあやつる巨大な“悪”と対決する。全米で3000万部を売った痛快アクションの新シリーズ!!〔オライオン映画化〕 」――アマゾンより

悲しいかな、本  もDVD  もユーズドしか手に入らないようです。

レモ/第1の挑戦レモ/第1の挑戦
(2003/05/23)
フレッド・ウォード、ジョエル・グレイ 他

商品詳細を見る


【PR】英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニング(DVD)
ミステリアス・エロティクス―恐怖と官能の物語 (扶桑社ミステリー)ミステリアス・エロティクス―恐怖と官能の物語 (扶桑社ミステリー)
(1998/06)
マイケルオマーラブックスMichael O’Mara Books

商品詳細を見る


「日常生活のなかに、ぽっかりと口をあける官能の罠……本書は、そんな甘美な戦慄に満ちた作品を厳選した傑作集である。愛と死の深淵に迫るエドガー・アラン・ポー、ブラム・ストーカーの古典から、巨匠ルース・レンデルやロバート・ブロックの名作、新進作家による力のこもった書きおろしまで、多彩な全13編。気鋭の作家・新津きよみ氏による注目のパトリシア・ハイスミス翻訳ほか、すべて最先端のホットな翻訳家による新訳でお贈りする。肉体の奥底を揺さぶり、心をあやしく惑わせる、危険な1冊! <解説・伏見威藩>」――裏表紙より

収録作品

『秘密の副業』 ルース・レンデル/池田真紀子
『コレットのコラム』 アンディ・ハリスン/向井和美
『死なざる者』 ロバート・ブロック/東江一紀
『エルヴァラはかんたんなはず』 J・K・ハーデラック/伏見威藩
『エンジェル』 フィリップ・ロビンスン/大倉貴子
『待ち焦がれた男』 パトリシア・ハイスミス/新津きよみ
『昔のよしみ』 アリック・ニューマン/佐竹史子
『むしられて』 フランク・フィンチ/山田香里
『ふさやかな髪』 ブラム・ストーカー/白幡憲之
『キャサリンのあやまち』 シドニー・グレイ/青山陽子
『愛のレッスン』 エリザベス・ケイ/阿尾正子
『ベレニス』 エドガー・アラン・ポー/鈴木恵
『ありふれた茶色の封筒』 リン・ウッド/中谷ハルナ

【PR】☆INSユーザー必見。ISDNからYahoo! BBへ、かんたん乗り換え☆
ハイラム・ホリデーの大冒険 上ハイラム・ホリデーの大冒険 上
(2007/05/30)
ポール・ギャリコ

商品詳細を見る

ハイラム・ホリデーの大冒険 下ハイラム・ホリデーの大冒険 下
(2007/05/30)
ポール・ギャリコ

商品詳細を見る


「ギャリコの長篇デビュー作、待望の新訳!」という本書。
“新訳”ということは“旧訳”もあったのですね……  知りませんでした。
なので“旧訳”は読んでおりませんが、いいですねえー、ハイラム・ホリデー 
久々に胸躍るお話に出会えました 

「平凡な中年男の華麗なる冒険譚」なのですが、ほんとうに華麗なアドヴェンチャーです。
これは是非是非ご一読願いたい1冊です。超・おすすめですよ 

でも、ひとつだけ気になったことがあります。
なぜに上巻に「訳者あとがき」があるのでしょうか? 不思議です 
まあ、東江氏ファンのわたくしといたしましては、早く「訳者あとがき」を読めて嬉しかったのは嬉しかったのですが……(笑)。

東江氏、今年はどんなすばらしい本を世に送り出してくださるのでしょうね。楽しみだ 

【PR】★インターネットでDVDが借り放題!!★

宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
書記長のクーデター計画

書記長のクーデター計画

思い起こせば、かれこれ3年前でしょうか~ 。(←ふるっ)
Philip Kerrの「ベルリン三部作」でファンになり、この夏、Don Winslow「ニール・ケアリー」シリーズで惚れた、翻訳家の東江一紀氏。

ふと、東江氏の初期作品を読んでみたいなあ~と思い、本書を古本屋  でGET。
最初はちょっととっつきにくい感のある本書ですが、中盤からどんどんおもしろくなってきました。
わたしがとっつきにくかったのは、著者のSteve R Pieczenik氏が(以下「解説」より抜粋)

――ハーバード出身の精神科医で、マサチューセッツ工科大学で国際関係論の博士号を得ています。70年代後半に、全米精神衛生協会の国際活動部長として、ソ連との学術・文化交流の窓口を努めた経歴をもっており……――

というところから想像できるかと思いますが(苦笑)、精神医学などの専門用語などがちょっと難しかったんです……きっと。まあ、時事や政治にも疎いので、そのへんも含めてですが 
これは古本屋でではなくて、定価で買っても充分満足できる1冊でしたよ。でも、もうアマゾンではユーズドしかないみたいですが 
表紙の画像もなかったので、自分でスキャンしてUPしちゃいましたよー 

で、肝心の内容はと申しますと、

武力による政治機構一新を極秘裡に企てていたソ連書記長が死んだ。計画の鍵をにぎる愛人ナタリアは、政敵に暗殺されたと直感、逃亡するが、KGBの手に落ち、精神病院に監禁される。担当医師ボリソフは、その正気を疑いつつも、しだいに強くナタリアに惹かれていく……。
非常な権力ゲームに巻き込まれ翻弄される男女を軸に、ソ連精神医学界の実態を鋭く暴く、野心的長編サスペンス 

【PR】「うつ病に立ち向かうたった1つの方法。」
砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)
(2006/08)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第5弾  最終巻

むしょうに子供を欲しがるカレンに戸惑う、結婚間近のニールに、またも仕事が 
 ラスヴェガスから帰ろうとしない86歳のじいさんを連れ戻せとういうのだ 
しかし、このご老体、なかなか手ごわく、まんまとニールの手をすり抜けてしまう    そして、事態は奇妙な展開を見せ始める……

ああ~、とうとう最終巻ですー 
この「ニール」シリーズ、楽しかったな~ 。もっと続いても、よかったなぁ~ 。でも4作目、5作目に著者の疲労が少々感じられたので、限界なのかなぁ~ 
次はどんな楽しい物語  、書いてくれるのかな~  

【PR】デジタルアカデミー
デジタルアカデミーは、独立起業・就職・転職・SOHOを目指す方のためのインターネット上の学校です。ユニークな講座をE-Learningで学び、その道をプロを目指しましょう。
ウォータースライドをのぼれ (創元推理文庫)ウォータースライドをのぼれ (創元推理文庫)
(2005/07/28)
ドン・ウィンズロウ東江 一紀

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第4弾 

「じつに簡単な仕事でな、坊主」養父にして朋友会の雇われ探偵グレアムがニールに伝えた任務――それは健全さが売りの人気TV番組ホストのレイプ疑惑事件で、被害女性ポリーを裁判できちんと証言できるよう磨き上げることだった。
世にも奇天烈な英語教室が始まります。彼女の口封じを狙う者あり、彼女を売り出して一儲けを企む者あり…様々な思惑が絡み合う、ポリーゲート事件の顛末。

う~ん、でもここにきてDon Winslow氏、少々パワーダウンか 
前3作があまりにもおもしろ過ぎるのか、この4作目はちぃーっと……  かなぁ~。

さあ、最終巻はどうくるか  楽しみです 

【PR】御新築祝・御引越祝・御結婚祝・御出産祝などにとっても喜ばれる観葉植物ギフトはいかが?
高く孤独な道を行け (創元推理文庫)高く孤独な道を行け (創元推理文庫)
(1999/06)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第3弾 

 中国の僧坊で伏虎拳の修得に余念がなかったニールに、「父親にさらわれた2歳の赤ん坊 を無事連れ帰れ」という指令がくだる 
捜索の道のりは、ニールを開拓者精神の気風をとどめる ネヴァダの片隅へと連れだす。不穏なカルト教団の影が見え隠れするなか、決死の潜入工作は成功するのか 
悲嘆に暮れる母親の姿を心に刻んで、探偵ニール、みたびの奮闘の幕が上がる 

【PR】The Japan Times
仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
(1997/03)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


<ニール・ケアリー>シリーズ第2弾 

ときは1977年3月――。 ヨークシャーの荒れ野に隠栖していたニールの元に仕事が持ち込まれます(ドキドキッ!) 
鶏糞から強力な成長促進エキスを作り出した有能な生化学者が、ひとりの姑娘に心を奪われ、新製品完成を前に長期休暇を決め込んだらしい。香港、そして大陸へ。
文化大革命の余燼さめやらぬ 中国で、探偵ニールが見たものとは 

【PR】格安航空券サイト空旅.com
ストリート・キッズ (創元推理文庫)ストリート・キッズ (創元推理文庫)
(1993/11)
ドン ウィンズロウ

商品詳細を見る


ときは1976年5月――。8月の民主党全国大会で副大統領候補に推されるはずの上院議員が、行方不明の娘を捜してほしいと行ってくる。期限は大会まで。
ニールにとっての、長く切ない夏が始まる 
プロの探偵に稼業のイロハを叩きこまれた元ストリート・キッズが、ナイーヴな心を減らず口の陰にかくして、胸のすくような活躍を展開します  
個性きらめく新鮮な探偵物語、ここに開幕! ……って、本書、、初版が1993年で、およそ15年も前に出ていた  
こんなにおもしろいのに、こんなに長いこと知らずにいたなんて、ぐやじいー 
まだ読まれてないあなた  文句無しの一冊ですよ  ぜひぜひご一読あれ~ 

ちなみに、本書は「シリーズ」もの。第1作目がこの『ストリート・キッズ』で……

第2作目は『仏陀の鏡への道
第3作目は『高く孤独な道を行け
第4作目は『ウォータースライドをのぼれ
第5作目は『砂漠で溺れるわけにはいかない

いやぁ~、久々にいい本に出会えました 

【PR】翻訳家と翻訳家を目指す方を応援するメンバーズクラブ「アメリア」
恐怖の街角 (Gold eagle books―マックボラン)恐怖の街角 (Gold eagle books―マックボラン)
(1985/01)
Don Pendleton東江 一紀

商品詳細を見る


これは古本屋で見つけたんですが、なんと、あの  ハーレクイン  から出版されているではありませんかっ 
びっくりですぅ~。知りませんでした、ハーレクインがこんな007もどきのハードボイルドものまで扱っていたとは……。
手広く商売してまんな~ 

で、肝心の本の内容は  と申しますと、楽しかったですよ 
「1985年の出版か~」と思うと、なんだか感慨深いものがありましたなあ……(笑) 

【PR】元気にやせる研究所
最後の審判〈上〉 (新潮文庫)最後の審判〈上〉 (新潮文庫)
(2005/05)
リチャード・ノース パタースン

商品詳細を見る


恋人と一緒に麻薬とワインの飲み、女子大生ブレットは泥酔状態に陥ってしまいます。気がつくと恋人は全裸で何者かに刺し殺ろされています。血まみれのナイフと財布――。ブレットは殺人罪で逮捕されますが、かたくなに無実を主張します。叔母の辣腕弁護士キャロラインは、ブレットを助けるため、23年ぶりの帰郷を決意しますが、キャロラインを待ち受けていたのは、思いもよらぬ事件と、秘められた過去の愛憎劇だった……。

【PR】ハッピーメール
最後の審判〈下〉 (新潮文庫)最後の審判〈下〉 (新潮文庫)
(2005/05)
リチャード・ノース パタースン

商品詳細を見る


上  といっしょぉ~  ブラボー

【PR】ご家族の健康を真剣に考えるなら・・・
静けさと沈黙のなかで静けさと沈黙のなかで
(2000/01)
ドリス グランバック

商品詳細を見る


ニュー・レパブリックの編集者や、ニューヨークライムズ・ブックレヴューのコラムニストなど諸雑誌の編集者として、はたまた書評家としても60年近く活躍しつつ小説家としも注目を集めているらしい本書の著者。
おんとし74歳にして、極寒のメイン州で、50日間という期限付きではあるものの、あらゆる通信の手段も断って、ひとり、絶対的な孤独を自らに課した。
長い人生を回想し、心の声に耳を傾け、「人はなぜ生きるのか」を自らに問うた感動のエッセイです。
自分が彼女の年齢まで生きられたとして、果たして同じ50日間を、わたしは自分に課せるだろうか……。きっと無理でしょう……。

【PR】ワーキングホリデー、留学、資格取得、海外進学のことならここから資料請求
贖い贖い
(1998/03)
ロバート キャンベル

商品詳細を見る


《ニューヨークタイムズ》のブックレビューに「善から悪へと転じたひとりの男を主人公とする、説得力のある性格描写小説……」と載ったらしいですよ!

本書の帯びには――
『男には贖罪が必要なのだ。男に生まれてきたことを、中年過ぎたどこかの時点で贖いたくなるものなのだ。いや、もしかすると、贖いたいがめに罪を犯すのかもしれない。(「訳者あとがき」より』

とあって、思わず買ってしまったんですが、なかなかおもしろかったです 

【PR】8200万件サイトの中で1位と2位を独占した上位表示ノウハウ
罪の段階〈上〉 (新潮文庫)罪の段階〈上〉 (新潮文庫)
(1998/10)
リチャード・ノース パタースン

商品詳細を見る


本書は「全米を沸かせた法廷ミステリーの最高傑作」というだけあって、おもしろいですね 

粗筋としては、弁護士クリスにテレビ・インタビュアーのメアリから電話が入る。有名作家からレイプされそうになって、誤って射殺したという。かつてクリスと関係を持ったメアリは、その後、息子カーロをもうけたが、別れて長い間没交渉。クリスは正当防衛の線で弁護を引きうけ、女性弁護士テリーザとともに闘うのだが、事件には多くの秘密が隠されていた……。

中だるみもなく、ぐいぐい話に引き込まれてゆくのは、気持ちのいいものです。
これってやっぱり、翻訳の上手さが、かなり決め手になるんでしょうね。だってわたくし、日本人ですもの 

東江一紀氏の翻訳書、次は何を読んでみようかしら~

【PR】忙しいあなたの代わりに新聞読みます
罪の段階〈下〉 (新潮文庫)罪の段階〈下〉 (新潮文庫)
(1998/10)
リチャード・ノース パタースン

商品詳細を見る


上  といっしょ  ブラボー

【PR】総合比較サイト【ポータルナビ】資格・スクール資料請求
ショールの女ショールの女
(1994/03)
シンシア オジック

商品詳細を見る


O・ヘンリー賞受賞作品 

本書は、けっこう薄い一冊なんですけど、読みごたえあります……中身が 

「ショール」と「ローザ」という2編が収まっているのですが、ホロコーストを生き延びたポーランド人ローザの壮絶な生を、ローザの赤ん坊が亡くなるところと、その三十年後とにわかれて描かれています。

現代アメリカを代表する知性派作家として知られるシンシア・オジックの、心揺さぶられる迫真の一作です 

【PR】FXで貧乏脱出する完全成功指南書

 | HOME |  »

インフォメーション

「+」印のカテゴリーはクリックしてネ♪
五十音順、アルファベット順に分類しております。

読書クラブ
byありんす

Amazon

bk1

本を売るならBOOK OFF

eBOOK-OFF買取サービス

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ベストセラー

参加中

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

ありんす

Author:ありんす

ブロとも申請フォーム

カウンター


現在の閲覧者数:

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。