Book-Booky-Bookish

゚・:,。☆現実世界からの逃避行☆。,:・゚Bookish Wonderlandへようこそ

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
(2005/12/21)
ジャレド・ダイアモンド

商品詳細を見る

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)
(2005/12/21)
ジャレド・ダイアモンド

商品詳細を見る


新年早々、「崩壊」してすみません 
でも温暖化の影響などもあり、ますます環境保護などが声高に叫ばれる近年、なかなか興味深い1冊(上下巻だが)です。……って、読むの遅すぎますが 
年が明けてしまった今、本書の発売から3年が経っている 

「年が明けた」。あ、そうでした。
みなさま、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます 

さて、本書の内容はと申しますと、『消えてしまった文明の謎を解き明かし、繁栄と衰亡の法則を導き出したベストセラー』(  と、帯に書いてある)
ちょっとショックだったのは、わたしたち日本人は自国の森の保護に努めつつ、他国の森林破壊を積極的(?)に行っているらしいということ。
むむむ。そうだったのか……。知りませんでした。これって、どうしたものでしょうね?

わたしの勤めている会社では、異常すぎるほどの「紙」を使います。
要は、資料として膨大な量のデータをプリントアウトするのですが、プリントミスももちろんあり、不要になった資料などもすべてそのまま捨てられてしまいます。
そこがわたしにはどうも納得できないので、「異常」と言いたくなってしまうのです。

ミスプリものは、裏が使えるので、社内用などに使い回しすればよいと思うのですが……。あるいは各自で自分の好きな大きさに切って、メモ用紙にするなど。

こんなセコイことを考えてしまうのは、自分が貧乏性のせいかと思っておりましたが、本書を読んだあとでは、セコかろうがなんだろうが、そうすべきだと、胸を張って言えますね。
まあ、言う前からわたしは実践しておりますが……。

今年はますます、個々人が「地球」「自然」「未来」などに目を向ける年になってくれるといいですね 

【PR】☆No.1ADSLプロバイダー!Yahoo! BBの詳細はこちら☆
スポンサーサイト

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://aiaffili.blog97.fc2.com/tb.php/661-a749f75b

 | HOME | 

インフォメーション

「+」印のカテゴリーはクリックしてネ♪
五十音順、アルファベット順に分類しております。

読書クラブ
byありんす

Amazon

bk1

本を売るならBOOK OFF

eBOOK-OFF買取サービス

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ベストセラー

参加中

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

ありんす

Author:ありんす

ブロとも申請フォーム

カウンター


現在の閲覧者数:

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。