Book-Booky-Bookish

゚・:,。☆現実世界からの逃避行☆。,:・゚Bookish Wonderlandへようこそ

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂気のやすらぎ狂気のやすらぎ
(1989/12)
ポール セイヤー

商品詳細を見る


ひと言で言うなら、「衝撃の1冊」でした。
「この世界の無意味と無気味とを淡々と視つづける穏やかにして清明なる精神病者の独白」というのが帯の文句。

訳者、東江一紀氏が「重度のカタトニー(緊張病)患者の独白という形で綴られるこの小説は、もちろん、作者の勤務経験に裏打ちされた細部のリアリティーを抜きにしては語れないが、何より光るのは、抑制のきいた涼やかな筆致だろう。主人公を取り巻く人間たちの欲望や恐怖、正気であることの傲慢さや脆弱さが、辛辣に、冷徹に、どこかユーモラスに描き出されている。その緻密な想像力、小説としての完成度の高さ、トリッキーな題材を輪郭鋭く処理したセンスのよさは、“非凡”という形容に十分値する」とあとがきで述べていらっしゃる。

本書は、1988年にブック・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した、著者の処女作品のようで、他の作品も是非読んでみたいと思ったのですが、本書以降こんにちまで、出版された作品は数冊。
しかも、邦訳はない。うむ~、残念。

ということで、Paul Sayerの貴重な1冊、是非ご一読あれ 

【PR】読書・パソコン最近見づらくないですか?
スポンサーサイト

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://aiaffili.blog97.fc2.com/tb.php/704-0fb2c028

 | HOME | 

インフォメーション

「+」印のカテゴリーはクリックしてネ♪
五十音順、アルファベット順に分類しております。

読書クラブ
byありんす

Amazon

bk1

本を売るならBOOK OFF

eBOOK-OFF買取サービス

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

ベストセラー

参加中

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

ありんす

Author:ありんす

ブロとも申請フォーム

カウンター


現在の閲覧者数:

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。